09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと違う気がする

 釣りに使うルアーは、日本語にすると確かに疑似餌になるんだけど、本当はちょっと違う気がする。疑似餌って、エサに似せたっていう意味だけど。
 確かに、バス釣りを始めた時はご他聞にもれずダウンショットでワームの釣りだったから、バスから見てエサに見えるといいなぁって思っていた。ズル引きする時は、底を何か虫が這っているイメージで使っていた。だから、感度のいいロッドに買い換えた時にはもの凄く嬉しかった。『あ、今小さい石の上をワームが這っている』とか『あ、今度はちょっとした高さから底に落ちてフワッとなった時に喰った!』とか、ものすごくよく分かるようになったから。
 でも、私がバス釣りにのめり込むきっかけになった厳寒の琵琶湖でのワームの釣りの時に、あれ?なんか考え違いをしていないか?と思った。



 それは何かというと、若しかしたらこいつエサだと思って突いているんじゃないかもしれないと思い始めた時。その日はタックルBOXに霜が降りるような寒い夜だった。ダウンショットのサターンに何度もコンコンとアタリはあるのだけれど、あわせようとすると離してしまう。ジリジリしながらも、どうしてなのかいろいろと動かし方を変えてみた。相棒の『そこを上手く喰わせるんだよ』という言葉をかみ締めながらいろいろとやってみた。結局、今から思うとおくり込むような感じだったと思う。釣ったバスは、25cmあるかどうかの小さいクンだったけれど、自分で釣った!とはっきり言える1匹でとても嬉しかった。この時、初めはエサだよ~小魚だよ~と思っていたのだけれど、時間が経つにつれなんか違うぞ、と思ったのだ。あの頃は分からなかったけれど、今ならはっきり言えるけどバスのリアクション・バイトを誘ったのだと思っている。
 なぁんだ、じゃぁやっぱり小魚だと思わせたんでしょ、と言われそうだけど、とは限らないんじゃないかな。動く物に反応した、思わず動く物に反応して喰った。これもリアクション・バイトでしょ。あるいは、イライラさせてつい口を使って追い払おうとした。これもリアクション・バイトでしょ。上手くは書けないけどそんな感じかな。
 とはいえ、エサ釣りも嫌いじゃない。どうしても釣れなくて、でも、どうしても1匹は釣りたくてミミズでバスを釣った事もあるし、それをバカにされても平気だし。生き餌を付けているんだから、ルアー釣りに勝って当たり前、とも思っていない。
 要は、何で釣るかじゃなくて、どうやって釣るか、どうやって釣ったら面白いと自分が思えるかだと思う。なんたって、趣味の釣りなんだから。よく分からないけど釣れちゃった、よりも、こうして釣りたいんだよ、がうまく行った時の1匹はとても嬉しい。
 他の人はどう思っているのかなぁ。
スポンサーサイト
Secret

パンダの時計


by Animal Web Clock

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

プロフィール

megu

Author:megu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。