07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

911から10年

あの日の事はきっと忘れないだろう。
TVで観た映像は衝撃的だった。初め、映画か何かと思った。それ位に現実味がなかったのだ。
が、2機目が貿易センタービルに飛び込んだ時、いきなり現実的になった事を妙に生々しく覚えている。
恥ずかしながら、つい、縁故者でココに勤めている人はいないよなと心の中で確認してしまった。
亡くなった犠牲者の方たちには申し訳ないが、子供達や知り合いがココに居なかった事を本当に感謝した。
10年経った今、グランドゼロは美しく生まれ変わり、あの惨劇の痕はもうないに等しい。
(メモリアルとしての施設は勿論残っている。そこにある数々のにこやかな写真も)
周りもビルが新しくなり以前にもまして賑やかさを取り戻したとか。

どうしてこんな事が起こるのか。
そして、どうしてこんな事ができるのか。
私にはわからない。理解することができない。
犠牲者は、ビルで仕事をしていた人、飛行機に乗り合わせた人、救助に向かった消防隊の人、そして、
恐らく脅迫されてこんなテロを起こしたのであろう犯人たち。
この人たちの無念さを思うと涙が出る。
ある人は言った。『でも、アメリカはこんな事をされるような事をしているのよ』
そうかもしれない。そうでないかもしれない。
けれど、そんな事どちらでもいい。難しい事は私には分らない。
分らないけれど、旅客機の乗客の恐ろしいほどの恐怖感と絶望感や突然の出来事になすすべもなかった
ビルで働いていた人たちの悲惨さ、それから、救助に行ってビルの崩壊に巻き込まれた消防隊のメンバーや
思いもかけない突然の出来事で親や家族や大切な人を失った人の絶望感や無力感や心の闇は、同じようには
分かっていないと思うけれど想像できる。
さらにこの時の犠牲者の数をはるかに上回る戦没者の事も。

国籍が違っても人種が違っても宗教が違っても、人が人であり続けられるように願うばかりだ。
スポンサーサイト
Secret

パンダの時計


by Animal Web Clock

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

プロフィール

megu

Author:megu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。