05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できごと 8月14日

不愉快な事を書くのも不愉快だけど、余りにも無神経で腹立たしい事だったので、
幸いにもココは来てくれる人もごく少ないので、不愉快の連鎖反応は少なかろうという
非常に自分勝手な判断で、mixiではなくこちらに書くことにした。

つまり、平たく言えばグチ。
若しくは不平不満?

昨日の事。
いのちの電話といういかにも慈善団体らしい名称の団体の事務局に電話をした。
用件は、こうだ。

全く歩く事の出来ない連れと今回の音楽会に行きたいのですが、
車椅子席の予定はありますか?

ある女性ミュージシャンのコンサートがあるので、公演するホールに座席の事で問い合わせを
したら、いろいろと調べてくれたうえで

『ただ、主催者側が車椅子席を設けるかどうかは、こちらでは分かりませんので、
お手数ですが主催者に問い合わせる方が確実な事が分かると思いますので
よろしくお願いします。』

という事だった。その車椅子席というのは可動式なので、普段は普通の座席として使用するもの
だけれど、主催者が「車椅子席」用の券を販売する場合、あるいは事前に車椅子でも観覧できる
用意をするつもりがある場合は、その可動椅子を取り払って車椅子のまま観覧できるスペース
になるわけだ。連れの車椅子はちょっと普通の車椅子よりも大きいので、そのスペースに
入れるかどうか心配で事情を話したら見て来てくれて『後ろも平らなので充分大丈夫です』
『ただ・・・・・・・』と先ほどの言葉が続いたわけだ。

そこで、礼を言って主催者に電話をした。

『・・・・・車椅子席を設ける予定はありますか?』

すると

  『はい、こちらの車椅子に乗ってもらってお席に案内してそこから乗り移ってもらいます』
私『いえ、自分の車椅子でなければ移動はできませんので、今回、車椅子席はありますか?』
  『前回はそうしてもらったのですが・・・。担当者が今日は休みですので明日また電話します』
私『そうですか。でも、車椅子席を設けるかどうか位は担当者でなくても分かるのではないですか』
・・・・・・・・・・・
まぁ、要約してこんな感じの会話だった、と思う。
まず、車椅子というのは備え付けの車椅子に乗って席まで案内して席に乗り換えるという、
彼女の思い込みと言うか固定観念を変えるのもの凄く時間がかかった。
それと、可動式の車椅子用スペースというものが全く理解できていないようだった。

それより何より腹が立ったのは

車椅子を置く

とか

車椅子を固定する

という表現だった。

彼女の概念では、人が乗っていようがいまいが

車椅子は置く

ものらしい。
確かに、病院などでは使用していない時の車椅子はたたんで置いてある。
そういう時の車椅子は単なる道具だからだ。
でも、歩けない人間にとって、自分が乗った車椅子は既に一体化して自分と同じなのだ。
自分の身体も同然で、その辺に『置かれて』はたまったものではない、と私は思う。

挙句の果てに『ちょっとお待ち下さい』と受話器を置いて、誰かに聞いているらしい声が
ハッキリと聞こえてきた。

『・・・・・・で、こういう問い合わせなんだけど、なんだかカラマレちゃって・・・・・ナンタラカンタラ』

電話を待っている間に連れと相談して(それ位長い事待たされた)、今回は諦めた。

出かけていく前に主催者にいろいろと聞いても、いざ現地に行くと思い通りにならないばかりか、
事務局と現地スタッフの意思疎通が出来ていない事はいつもの事なので、
事前に問い合わせをした事で主催者が非常に杜撰だという事がよくわかったので、
今回は現地で途方にくれるという事は免れたのでよしとしようと思う事にした。

それにしても、本心は行きたかったなぁ~寺井尚子さん。

スポンサーサイト
Secret

パンダの時計


by Animal Web Clock

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

プロフィール

megu

Author:megu
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。